As I Like it

気の向くままに飛んでいく

ペダステ初鑑賞

 

知り合いの方にオススメされて今まで謎に避けていたペダステに足を踏み入れてみました。

 

ペダステを題材に大学のレポートも出したことがあるくらいなのになぜ避けていたのかは自分でも全くわかりません笑 (お前は一体ペダステの何をみてレポート提出したんだ...?)

 

公演概要

舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The First Result

公演期間: 2013年8月24日〜9月8日

劇場: サンシャイン劇場(東京)、シアターBRAVA!(大阪)

原作: 渡辺航弱虫ペダル

演出・脚本: 西田シャトナー

音楽: manzo

 

↓公式サイト

www.marv.jp

 

キャスト

小野田坂道: 村井良大

田所迅: 大山真志

巻島裕介: 廣瀬智紀

今泉俊輔: 太田基裕

鳴子章吉: 鳥越裕貴

金城真護: 大山真志

福富寿一: 滝川英治

荒北靖友: 鈴木拡樹

東堂尽八: 玉城裕規

新開隼人: 宮崎秋人

泉田塔一郎: 河原田巧也

真波山岳: 植田圭輔

御堂筋翔: 村田充        

他                     (敬称略)

 

 

全体感想

ネタバレ注意

 

いやーまず、みている時もこれでキャストを書いている時も思いましたが、キャスト豪華すぎませんか?!何これ今じゃ考えられないキャストの豪華さ...

私が鑑賞する前に一番心配していた「果たしてハンドルを持って一生懸命走っているだけの人たちを見て自転車競技の様子を想像できるのか、感動できるのか」問題。こちらはさすがに初めの方は戸惑いましたが、思ったよりもすぐに私の頭は順応しました。そして割とすぐにこのシステムの素晴らしさに感動笑 初めに坂道くんがリアル自転車に乗ってきてくれるというのも順応しやすかった理由かもしれません。走っているふりをうまくできれば自転車競技だって舞台化できるんだな...と今更感動しました(遅い)。

しかし公演中ほとんど走りながら大声でセリフを言い続けなければならないので役者さんたちの体力がなくては成り立たない舞台ですね...もちろんほとんどの舞台そうでしょうけど今回はそれをより強く感じました。特に泉田くんのシーン中の泉田くんと坂道くんの体力には圧倒されました...

メインさんたちが信じられないようなちょい役までやるっていうのが爆笑でした笑 いちばんのお気に入りはガードレール役と塀役笑 どんな役でも全力なので本当に笑いました😂

 

装置とかはほとんどなくてそこまでお金かかってなさそうだなという印象。でもシンプルすぎるほどほぼ何もないステージ上にハンドルだけを持って一生懸命走る役者たち、あとは観客の想像力に任せた!という全てが揃っていない感じが逆に美しく感じて良かったです。ミロのヴィーナス的な。

 

話すらしらない状態で見たのですが、王道気合いで勝つスポーツもので大好物でした。ただめちゃくちゃ話が長そうなので続きも見なくては...

 

全体的に、あーこれは流行るわ..みたいな感じの感動作でした!

 

 

個々の感想(一部)

 

小野田坂道: 村井良大さん

→すごすぎ。割と落ち着いた見た目も中身も精神年齢高めな方の印象なのですが、今回はしっかり学生にしか見えませんでした。一緒に見た原作ファンの友人も*1初めビジュだけ見たときは「坂道くんぜんぜん似てない😭」と嘆いていたのですが、演技を見てからは「めちゃくちゃ似てる!」と大絶賛。私は原作がどんな坂道くんなのか知らない状態で見たのでそこはわからないのですが、普段の村井さんの声よりだいぶ高めの声、そして高校生っぽい仕草、なのにとても自然で感動しました。だいぶキャラを作っていうように見えるのに全く苦にならない、気にならない。演技力高っ...

そして主人公なのでほとんど出ずっぱりで走りっぱなし喋りっぱなし(得に前半)、なのに聞き取りづらい事なんて一度もなくて。本当にすごいです。止まった時の滴り落ちる汗の量が異常でした。絶対的主人公の圧巻の立ち姿といった感じを終始感じました。

 

 

巻島裕介: 廣瀬智紀さん

→ちょっと調べて原作キャラのイラストを見たのですがめちゃくちゃ似てますね!?ビジュの再現率が高い...

そして特殊な自転車の乗り方の見せ方がうまい。

 

 

荒北靖友: 鈴木拡樹さん

→流石。表情筋どうなってるんだ?あとあと調べてわかった表情の再現率の高さ。演技が上手い人って本当に表情豊かだなーと再確認。ハンドルを握るのではなくて腕を上に置くという形を違和感なくやっていたのはとても印象的。

正直私が見てきた鈴木さんの他の作品の演技に比べるとセリフのクセなどが強いのにそれが一貫して同じ言い方だったのでどうしたんだろうとは思いましたがそれでも十分素敵でした。靖友以外の時の演技が面白すぎる笑 何故バカップルの彼氏役だけじゃなく塀役まで細やかな演技ができるんだすごすぎる笑

どこで何役で出てきても華があるなーと感じました。

 

 

東堂尽八: 玉城裕規さん

→この方はいつどんな役で見かけても引き込まれますね...そして特徴的な声と派手めな顔立ちなのに見事に化ける。今回も尽八の時とそれ以外の役の時の差がすごかったです。カップルの彼女役とかどうしたんだよ笑今までシリアスな役どころで拝見することが多かったのですが面白い役までこなされるんですね好きです😂 最後の山岳resultのシーンは感動しました。

単純に私は玉城さんの演技が好きなんだと思います。

 

 

泉田塔一郎: 河原田巧也さん

→走っているシーンで一番感動しました。足の回転速度が早すぎて火起こしできそう(え)

黒執事シリーズで毎回拝見しているくらいであとはテニミュくらいしか拝見していなかったのでこんなにすごい人だったんだ...!とびっくり。

 

 

御堂筋翔:村田充さん

→怪演という言葉はこの人のためにあるのでは、と思うくらいの怪演でした。出てくるだけでゾワっとするオーラ。まばたきを一切しないので*2本当に怖かったです。話し方も目線も動きも何もかもが気持ち悪くて最高でした。代替不可能な存在なのでは...

 

 

その他少しずつ

→・今泉くんめちゃくちゃ顔が良い。今まで見てきた太田さんの中でも一番好き...!

・秋人くんもはや館林役だったのでは笑 新開くんとしてはあまり大きな動きはなかったもののこちらの役でやっぱり演技すごいなーということは確認できました笑

・真波くん好青年かわいい...!

 

 

まとめ

めちゃくちゃ面白かったです。想像する楽しさみたいなものを味わえました。今回のキャストさんたちがあまりにはまり役過ぎたので他のを見るのが少し怖いですが続きも見ていきたいと思います...!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

 

*1:もちろん直接あったわけではなくビデオ通話上でオンライン鑑賞会です。

*2:わざと目をつぶる演技の時以外